The Archeology of Future


A lecture by Michael Saup on May 18th 2012, 19:00 – 21:00 at bun-mei, Tokyo
Mostly German language with Japanese translation.
Ein Vortrag von Michael Saup am 18. Mai 2012 bei bun-mei (Zivilisation), Tokio
ミヒャエル・ザウプ
「1001 SUNS – The Archeology of Future(1001の太陽–未来の考古学)」


Date: May 18 (friday) 19:00-21:00 (JST)
Location: Iidabashi Bunmei, Tokyo bun-mei.org

Host: Yukiko Shikata / Salon Ecosophy
Translation: Shuichi Fukazawa (German/Japanese)
Co-operation: Iidabashi Bunmei
Support: Andreas Erhart

In this talk I will examine the shift from nuclear culture employing radiation released via atoms and bits stored via electrons towards the point we face now: mainstream paradigms of society are being inverted by the discovery of our potential final cultural heritage: a large drawing with an atomic pencil on the canvas of time, all accomplished by only two generations. It is at about time to base culture again on cultural values instead of technological assets.

“1001 Suns” is the title of the feature movie I am currently working on. The promethean ancient North American Indian story “Raven steals the Sun” sets the frame for the analysis of the beginning and ending of the nuclear age. A story as old as mankind already encarved on a column in Göbekli Tepe, Turkey, the oldest temple of mankind dating back to 11000 – 9000 BC. “1001 Suns” will be a “Human Fiction” movie.

Since we have the ability to make a choice, our collective that became connective will have to become corrective. As long as we transform our thoughts and words into a new reality, there is hope that we will invent a concept of a new future. This is what we must model for our children.

“Radioactive traces will be the heritage to the next generations and not the cultural artifacts.”
Margit Rosen/ZKM on Pulse8 by Michael Saup 1992


[Michael Saup]

Born in Hechingen 1961, based in Berlin. Studied Music at Dominican University, San Rafael, California, USA, Computer Science at the University Furtwangen and Visual Communication at the Hochschule für Gestaltung (University of Design), Offenbach. Instructed at the Akademie der Bildenden Künste (Academy of Visual Arts), Munich; artistic-scholarly staff member at the Institute for New Media at the Städelschule, Frankfurt/M.; from 1999 to 2005 Professor at the Hochschule für Gestaltung (University of Design), Karlsruhe. In Japan he exhibited the media art work “R111” at “ARTLAB-Prospect” exhibition in 2001, Tokyo, by Canon ARTLAB. Currently Saup is working on the new film “1001 Suns”. In Japan, he will show his latest work “SHIMA” at the “Possible Water” exhibition curated by Yukiko Shikata (July 7 – 21, 2012, Goethe Institut Tokyo).

 

2012年5月18日(金)19:00-21:00
飯田橋 文明 bun-mei.org
料金:ドネーション制
USTREAM:http://www.ustream.tv/recorded/22666249
ホスト:四方幸子/サロン・エコゾフィー
通訳:深沢秀一(独日)
協力:飯田橋 文明

原子の芯をこぼせ、そして見よ!その中に汝は太陽を見いだすであろう —-バハーウッラー*「七つの谷」(バクダッド、1860)

もし天空に千の太陽の輝きが同時に発生したら、それはこの偉大なお方の輝きに等しいかもしれない。/我は死神(時)なり、世界の破壊者なり —-ヒンドゥー教の聖典『バガヴァッド・ギーター』
アインシュタインの「E=mc2」 を現実化した人類初の核爆発「トリニティ実験」(1945年7月15日、米国・ニューメキシコ)を目にしたロバート・オッペンハイマー**が引用。

千年の期間が終わると、サタンはその獄から解放される—-『旧約聖書』ヨハネの黙示録

トークでは、アトムを介して放出される放射線を利用する原子力文化や電子により蓄積されたビットを利用するデジタル文化から、新たな文化へ移行する可能性について検討します。社会のパラダイムは、最後の文化遺産を私たちが発見することによって逆転しうるのです。たった二世代という短期間に、原子の絵筆で巨大な絵画が時間というキャンバスに描かれてしまいました。まさに今こそ、技術の資産と負債に代わって、文化をあらためて文化的価値の上に根づかせていく時期といえます。
『1001の太陽』は、現在私が製作している「ヒューマン・フィクション」映画のタイトルです。北米の原住民に伝わる「太陽を盗んだカラス」という物語に、原子力の起源と終焉を分析するための枠組みを見ることができます。そのような話はまた、トルコのゲベクリ・テペ(Göbekli Tepe)にある紀元前11000-9000年に遡る最古い寺院の柱にもすでに刻まれていたのです。
私たちは選択する力を持っています。そして集まり(collective)、つながり(connective)、状況を正さなければ(corrective)なりません。思考や言葉を変えることで、新しい未来の概念を発明することができるのです。それこそが、私たちが子供たちに示し残していくべきものです。
「一千年(1000の太陽)」もの間(注:長い期間、という意味)幽閉されていた「悪魔」は、1945年にナチスドイツの「千年王国」のヴィジョンが崩壊した直後に、ニューメキシコの砂漠において封印を解かれてしまいました。しかし、私は希望を抱いています。人類は、後退することによってこそ、前進することができるはずだと。つまりヴェルナー・ハイゼンベルクと彼の同僚が残した、忘れ去られた世界初の核の壁画—-「原子力の洞窟」—-から未来へと脱出することができるのです。

核の痕跡は文化的な人工遺物にはなりえない。しかし次世代の遺産になりうるだろう —-マルギット・ローゼン(ZKMカールスルーエ、1992)/ザウプの作品《Pulse8》について

(ミヒャエル・ザウプ、 2012.5.8)

*イランの神秘詩人(1817-92)
**米国の物理学者(1904-67)。第二次世界対戦当時、ロスアラモス国立研究所の初代所長としてマンハッタン計画を主導。「トリニティ実験」後、広島、長崎に原爆が投下された。「原爆の父」と呼ばれる